より良い筋肉作りのためのトレーニングサイト
GO!フィットネス

肉体改造

肉体改造を行おうと思ったとき、ハードなトレーニングだけを毎日行ってもあまり効果がないそうです。無駄のない効率の良いトレーニングをしようと思ったのなら、一つのトレーニングで最大限の効果が発揮できるようにしていくのが一番良いですよね。ここでは効果的なトレーニングを語る上で、はずすことのできない幾つかのポイントについて書いてみようと思います。

◆ 「超回復」
肉体改造をする時の重要なポイントは、実際に運動・トレーニングをする時に摂取するエネルギー・そして適度な休息だと管理人は考えています。そして、肉体改造とは切っても切れない「超回復」というキーワードもあるそうです。その超回復について少しみてみましょう。
▼ 超回復って?
学生時代の運動会の後や部活に所属していた人なら体験したことのある激しい練習のや、このサイトを見ているみなさんであれば激しいトレーニングをした後など、当日、もしくは翌日に筋肉痛になったことがあると思います。これは激しい運動をしたことで筋肉が伸び縮み繰り返し、キズがついてしまったために起こる伝承なんだそうです。筋肉にキズがつくと筋肉は今よりも頑丈になることで同じような状況に陥った時に損傷する度合いを減らそうとする働きがあるそうなのです。そしてこの現象が起こり筋肉が以前よりを強くなることを「超回復」というのだそうです。
◆ トレーニングのタイミングは?

超回復が起こることで筋肉が強くなることはわかっていただけたと思いますが、超回復が起こって丈夫になった筋肉も、そのままトレーニングをせずに放置してしまうと、時間がたつにつれて元に戻っていってしまうんだそうです。ということは、トレーニングをせずに放っておくことで戻ってしまうと言うのであれば、戻る前にトレーニングをすることで超回復で強くなった筋肉を維持し続けることが可能と言うことになると思います。その際に注意しなければいけない点として、超回復の真っ最中にトレーニングを始めてしまうとキズついた筋肉が治ろうとしているところにさらにムリがかかってしまい、余計にキズついてしまうということだそうです。要は「トレーニングを始めるタイミング」ということになると思います。筋肉痛が運動をした翌日に起こるのであれば、休息も大事と言う点を考えてその翌日ぐらいにするのがよいと思います。ただ、それが必ずしも正しいというわけではないようで、トレーニングを再開するタイミングについては色々な意見があるのが現状のようです。トレーニングを再開するタイミングについては、超回復が起こっている箇所、超回復の度合い、個人差などで自分にあったタイミングをみつけるのが一番ベストではないでしょうか。

また、余談ですが、ベリーダンスのベリブルでは、お洒落な衣装はもちろん、アクセサリーやベリーダンスの本も御座います!!ベリーダンスでお腹周りの運動不足解消しましょう。

◆ 最適なトレーニングの方法
最適なトレーニングの方法は二種類の原則を混ぜ合わせながら行うと言うことです。まず一つは過負荷の原則です。そして二つ目が斬進性の原則です。この二つの原則をミックスしてトレーニングをすることで、何も考えずにトレーニングを行った時に比べ、効率の良いトレーニングとなるんだとか。以下でその二つの原則についてもう少し詳しく書いてみます。
▼ 過負荷の原則
過負荷の原則というのは、普段の生活の中でとくに負荷だと感じないぐらいの力しか使っていない状態だと筋肉は成長しないという考え方のようです。なので、筋力をアップさせるトレーニングの場合は、ダンベルやバーベルなどのウェイトを使って筋肉が「重い」と思うような負荷を与えるのだそうです。このとき大事になってくるのは、現在の筋肉がもっている筋力の最大限の力よりも少し軽い負荷を与えることなんだとか。それを休憩をとりながら何度か行うことがポイントになってくるそうです。
▼ 斬進性の原則
斬進性の原則と言うのは、いくらトレーニングをしてもすでに筋肉が慣れてしまっているトレーニングを続けてもあまり効果的ではない。という原則なんだとか。上記の過負荷の原則を考えると何だか妙に納得してしまう原則ですね。しかし、現在筋肉が慣れている負荷異常の負荷を与えるときに、急に無理な負荷を与えてみたりしても、筋肉をいためてしまい逆効果になってしまう可能性があるというのですから難しいところですね・・・やはり何事も徐々に徐々に、というのがトレーニングの基本なのかもしれませんね。管理人のような怠け者はこの斬進性の原則をもっと意識したほうがいいのかもしれませんね(笑)
◆ トレーニング続けていくために

「効率的なトレーニング」からは少し外れてしまうかもしれませんが、精神面でのお話をしてみようと思います。トレーニングをしていく上で一番の楽しみって何でしょう?やはり「自分の体がドンドン変化していく」ことだと管理人は思います。または、今まではキツかったトレーニングがいつの間にか苦ではなく平然とこなせるようなって行くという部分もあるかもしれません。いずれにしても「今までの自分とは違う」と思えることが一番の楽しみなんじゃないでしょうか?なので、ただ漠然とトレーニングを続けていくだけではなく、日々(日ごとで変わるものではないので月々とか週々と言ったほうが良いですね)自分の変化がわかるような環境を作ることも大事だと思います。例えば、腕立て伏せxx回にかかる時間を計ってみたり、月ごとで自分の写真を撮影して見比べてみる等方法は色々あると思います。自分が一番楽しめる方法を取り入れてみるとよいと思います。また、「ありたい自分」を常に持ち続けることも大事だと思います。同じ体格で同じトレーニングをさせた2人でも目標を持っている方といない方では全然、発達具合に差が出ることも研究データとしてあるんだそうです。目標となる人のポスターや写真なんかをトレーニング前に見たり目に付く位置に置いてトレーニングに励むのが管理人のオススメの方法です。

ただし、男性の方はソノ道の人だと勘違いされないように気をつけたいですね・・

上へ

 

top

注目サイト

Last update:2014/12/24

Copyright (C) 2011 GO!フィットネス All Rights Reserved.