より良い筋肉作りのためのトレーニングサイト
GO!フィットネス

トレーニングをする前に
● ストレッチとウォームアップ
▼ ストレッチ

ストレッチには様々な効果があるそうです。運動を行う前には筋肉や体に対してこれから運動することを伝える効果であったり、筋肉や関節を柔らかくしてケガを予防する効果があるそうですし、運動後に行うストレッチには、トレーニングで疲れた体をほぐしてリラックスさせる効果もあるそうです。このペーjでは前者の特徴である運動前のストレッチについて書いてみようと思います。

◆ ストレッチの注意点

ストレッチを行うにも幾つか注意点があります。以下の注意点に気をつけて正しくストレッチを行いましょう。

 体が冷えている時に急にストレッチをしない

ストレッチ自体が軽い運動になっているわけですから、体が冷えた状態で行ってしまうとビックリしてしまう可能性があります。ストレッチを行う前にまずはウォームアップと呼ばれる運動(詳しくは後述)を行ってからストレッチに入るようにしましょう。

 反動をつけずにゆっくり!

関節をほぐすストレッチの時には特に気をつけなくてはいけない注意点でしょう。考えてもみても関節を伸ばすのにいきなりエイッ!やってしまっては・・・最悪の場合スジや腱が切れてしまう可能性だってあります。ゆっくりを徐々に伸ばしていくことを心がけてストレッチに望みましょう。ポイントとしては、痛いは痛いんだけど気持ちが良い痛みとして感じることができる部分までだそうです。俗に言う「痛気持ち良い」と呼ばれる感覚ですね。それ以上は体に負担をかけてしまうんだと思います。

 徐々に伸ばす力を強く!

ストレッチで体をほぐす際に、徐々にとは行ってもいきなり全力で伸ばしてしまうなんていうのは自殺行為です。はじめは力を入れなくても伸びるところまで持っていき、その後徐々に力を加えていくのがよいと思います。その際にもあくまでポイントは「痛気持ち良いところまで」であることを忘れないようにしましょう。

 あくまでもマイペースで!

ストレッチを他の人としていると、自分よりもずっと深い所まで曲げているのを目にすることがあります。一瞬「自分の体が硬すぎるのかも」と不安になってしまうこともありますが、焦ってムリをして深い所までいってしまうとこれまたよくありません。体の柔らかさは人それぞれなのですから、自分がムリをせずにできることころまでストレッチするのがよいと思います。アナタを焦らせた人だって以前は現在のあなたよりも体がかたかっのかもしれないのですから、焦らずにゆっくりとほぐすようにしていきましょう。

 キープも大事!

ストレッチで伸ばすところのポイントに、「痛気持ち良いところまで」と説明しましたが、その部分まで伸ばしたら、数〜十数秒そのままの体制でキープするものポイントだと思います。しかし、あまり長い時間キープしすぎて体にムリをさせないように注意したほうがよいと思います。


◆ 基本的なストレッチの方法へ→
▼ ウォームアップ
トレーニングなどの運動を行う前にはかならずウォームアップを行って体を温めてからトレーニングに入るようにするのがよいと思います。ウォームアップを行い体を温めることによって、関節や筋肉などが柔らかくなり、負荷をかけたときの負担もへるそうです。関節や筋肉が温まり柔らかくなることでウォームアップ後に行うストレッチが関節に与える負担も減らすことができるそうです。
◆ ウォームアップを行うときの注意点

 いきなりとばさない

ウォームアップは冷えた体を暖めるために行うものです。なので、ウォームアップをはじめる時は当然体は冷ている、ということになります。そんな状態でいきなり激しいウォームアップを行ってしまうと、ケガの原因になってしまうと思います。まずは軽めの運動からはじめるようにするとよいのではないでしょうか?

 長く続けすぎない!

あくまでも体を温めるのがウォームアップの役目ですから、疲れを感じるまでやってしまうと意味がないと思います。体が暖まってきたと感じるところでやめるようにしましょう。体がポカポカしてくればそれで充分です。

 全身を暖める

先ほど、体が暖まってこれば充分だと説明しましたが、ウォームアップはこれからトレーニングをする前の準備です。腕を鍛えるトレーニングをする前の準備で足だけを暖めても何の意味もなくなってしまうと思いませんか?これから鍛える箇所が暖まるようにウォームアップをしていくのが効果的だと思います。

◆ 楽しく出来るウォームアップへ→

 

ホーム

Copyright (C) 2011 GO!フィットネス All Rights Reserved.